写真

楽天側は応援歌をめぐって「Viber」に見解を投稿した

プロ野球・東北楽天ゴールデンイーグルスの「応援歌刷新」が反発を受け続けている中、球団がファンの意見を踏まえて「改めて協議」に入っていることが2019年2月22日までに分かった。決定し次第、報告するという。 協議に入っていることは、楽天グループが運営する無料通信アプリ「Viber(バイバー)」の中で球団側が明かしていた。 「決定次第皆様にご報告させていただきます」 チームを運営する楽天野球団は2月18日、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング