前回銅の宮原知子 ジャンプ回転不足が響き8位発進…「練習は良かったのでフリーへ切り替えたい」

スポーツ報知 / 2019年3月20日 22時13分

◆フィギュアスケート世界選手権第1日(20日、さいたまスーパーアリーナ)女子ショートプログラム(SP)が行われ、前回大会銅メダルの宮原知子(20)=関大=は70・60点で8位発進となった。冒頭のルッツ―トウループの連続3回転ジャンプが回転不足。2回転半、続く3回転ループは成功させたが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング