小沢征爾さん、急性気管支炎で入院…公演を降板

読売新聞 / 2019年3月21日 20時13分

指揮者の小沢征爾さん(83)は21日、神奈川県横須賀市の横須賀芸術劇場で行われた「小沢征爾音楽塾」のオペラ公演を降板した。 小沢さんの事務所によると、15、17日の京都市での公演後に体調を崩して精密検査を受け、急性気管支炎で2、3日の入院が必要と診断された。小沢さんは、指導してきた若手音楽家らによるビゼーの歌劇「カルメン」の一部を指揮する予定だったが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング