写真

みずほFG本社が入る大手町タワー

みずほフィナンシャルグループ(FG)が、2019年3月期連結決算で約6800億円もの巨額損失を計上する。連結最終利益(純利益)は従来の5700億円の見通しを800億円(18年3月期は5765億円)に大幅に下方修正した。超低金利や人口減少で銀行経営が厳しさを増す中、将来予想される損失を一括計上し、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング