知人監禁、衰弱させ殺害の被告に懲役30年

読売新聞 / 2019年3月22日 16時2分

滋賀県近江八幡市の民家などで知人男性を集団で監禁し、衰弱死させて殺害したなどとして、殺人罪などに問われた堺市の飲食店経営井坪 政 ( しょう ) 被告(30)の裁判員裁判で、大津地裁(伊藤寛樹裁判長)は22日、懲役30年(求刑・懲役30年)の判決を言い渡した。 起訴状によると、井坪被告は他の4人と共謀。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング