坂本花織、自己新も5位「悔しい」 後半に痛恨ミス…表彰台届かず涙

スポーツ報知 / 2019年3月23日 8時10分

◆フィギュアスケート世界選手権第3日(22日、さいたまスーパーアリーナ)女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)2位の坂本花織(18)=シスメックス=は5位に終わった。演技を終えた坂本は、頭を抱えたまま苦笑いを浮かべた。「四大陸選手権の後、すごく練習してきたことを出し切れなかったのが悔しい」。222・83点の自己ベストをマークしながら表彰台に0・97点届かず、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング