小林陵侑、史上2位の13勝締め「レベルが高いところで戦えてよかった」

スポーツ報知 / 2019年3月25日 8時10分

◆W杯スキー(24日)ジャンプ男子は、スロベニアのプラニツァで今季最終戦となる個人第28戦(ヒルサイズ=HS240メートル)が行われ、今季個人総合優勝を決めている小林陵侑(22)=土屋ホーム=が合計464・9点で今季、通算とも13勝目を挙げた。1回目にW杯ジャンプ台記録を更新する日本最長記録の252メートルで首位に立ち、2回目も230・5メートルでトップを守った。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング