ドーナツ食べた入所者死亡、准看護師に有罪判決

読売新聞 / 2019年3月26日 0時15分

長野県安曇野市の特別養護老人ホームで2013年12月、入所者の女性(当時85歳)に誤ってドーナツを食べさせ、その後死亡させたとして、業務上過失致死罪に問われた准看護師山口けさえ被告(58)に対し、長野地裁松本支部(野沢晃一裁判長)は25日、求刑通り罰金20万円の有罪判決を言い渡した。弁護側は即日控訴した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング