【採点&寸評】南野パスから中島弾でボリビア下す!香川、乾、宇佐美の2列目は得点絡めず

スポーツ報知 / 2019年3月26日 21時41分

◆国際親善試合日本1―0ボリビア(26日・ノエビアスタジアム神戸)日本代表はMF中島翔哉のゴールでボリビアを1―0で下した。前半はMF乾貴士が積極的にゴールに迫るなどしたが得点を奪えず。後半に中島、MF南野拓実、MF堂安律らを投入し攻勢を強めると、南野のパスを受けた中島がゴールネットを揺らした。採点と寸評は以下の通り。森保一監督【5・5】誰が使えて誰が使えないか。理解には十分な90分だったはずGKシュミット・ダニエル【6・0】幸か不幸か枠内シュートはなくアピール機会訪れずDF西大伍【6・0】本来の茶目っ気あるプレーよりベテランらしい落ち着きぶりを優先DF三浦弦太【6・0】前線へ好パス3度。守備…

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング