史上最年少10歳の囲碁棋士・仲邑菫さん、育成で“日本代表”入り「世界で戦える棋士になりたい」

スポーツ報知 / 2019年3月27日 8時13分

4月1日付で史上最年少の10歳0か月で囲碁棋士となる仲邑菫(なかむら・すみれ)さん(10)が26日、東京都千代田区の日本棋院で行われた新入段者免状授与式に新初段として出席した。同時に、育成選手として早くもナショナルチームに加入することも発表された逸材。注目のデビューに向け「世界で戦える棋士になりたい」と大きな夢を語った。壇上中央に向かったのは小さな大物だった。初々しい笑顔を浮かべた仲邑さんは、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング