中国軍、西太平洋へ長距離飛行訓練…台湾国防部

読売新聞 / 2019年4月15日 20時27分

【台北=杉山祐之】台湾の国防部(国防省に相当)は15日、多数の中国軍機が中国大陸南部を発進し、台湾―フィリピン間のバシー海峡上空を通過、西太平洋への長距離飛行訓練を行ったと発表した。 15日に中国軍が行った訓練には、早期警戒機「空警500」、戦略爆撃機「轟(H)6K」、戦闘機「殲(J)11」、輸送機「運8」などが参加した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング