地震から3年、修理中の熊本城ライトアップ

読売新聞 / 2019年4月15日 20時57分

熊本地震は16日、2度目の震度7を観測した「本震」から3年となる。地震で被災した熊本城(熊本市中央区)では15日、解体修理中の小天守(地上4階、地下1階)最上階の再建工事が始まった。小天守は大天守(地上6階、地下1階)とともに1960年に再建。地震で壁にひびが入るなどし、熊本市は最上階を解体して再建することにした。 本震から3年になるのに合わせてライトアップ時間が16日の日の出まで延長され、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング