韓国の対北宣伝放送まさかの失態 「正体不明」のはずなのに...

J-CASTニュース / 2019年4月15日 18時49分

「正体不明」が建前のはずの北朝鮮向け宣伝放送が、思わぬ形でしっぽを出した。韓国の情報機関にあたる国家情報院(国情院)は、少なくとも4つの北朝鮮向けラジオ局を実質的に運営していると考えられてきたが、それぞれの放送では運営主体として「コリア未来連帯」「朝鮮労働者総同盟」といった団体名を名乗ってきた。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング