食品ロス対策で各地に生まれる「賞味期限」切れ専門店 超格安だけど食べますか?

J-CASTテレビウォッチ / 2019年4月15日 12時4分

おととい13日(2019年4月)、大阪市に賞味期限切れの「わけあり商品」を売る店がオープンした。1000円の夕張メロンゼリーが180円、100円の白飯が35円。「手にとって、見て、買っていただこう」という考え方だそうだ。まだ食べられるのに捨てられる「食品ロス」は2016年の1年間で643万トンに上ると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング