写真

OCシンボルアスリート認定式に出席した(写真左から)競泳の瀬戸、スピードスケートの小平、高木、フィギュアスケートの宇野、レスリングの登坂、重量挙げの三宅、柔道の阿部

日本オリンピック委員会(JOC)が都内で16日、実力や知名度を踏まえ、オリンピックムーブメントのマーケティング活動に貢献する「シンボルアスリート」を発表。新たに競泳の瀬戸大也(24)=ANA=、スピードスケート女子の小平奈緒(32)=相沢病院=、高木美帆(24)=日体大助手=、フィギュアスケートの宇野昌磨(21)=トヨタ自動車=ら11人が選ばれ、7人が認定式に出席。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング