望む場所で、穏やかな最期を迎えるには何が必要なのか。現役の看護師で僧侶でもある玉置妙憂さん(53)は、剃髪、作務衣姿で看護専門学校の卒業生を前にそんな話をする。「カリキュラムの中に、死をきちんと学ぶ時間はありましたか」「昔はシンプルでした。食べられなくなったり飲めなくなったら終わりだった。今は、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング