7億円改修の模擬坑道内から出火、水没させ消火

読売新聞 / 2019年4月19日 10時45分

18日午後11時45分頃、北海道夕張市高松の市石炭博物館で、模擬坑道内から煙が出ているのを、火災報知機の感知で駆けつけた職員が見つけ、市消防本部に通報した。出火時は無人で、けが人はなかった。消防本部は坑道内に水を入れて水没させる方法で消火作業を進めているが、19日午前10時半現在、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング