飯塚翔太が急性虫垂炎でアジア選手権を欠場「治療に専念して次のレースへ準備したい」

スポーツ報知 / 2019年4月19日 15時19分

陸上の16年リオ五輪男子400メートルリレー銀メダルの飯塚翔太(ミズノ)が、急性虫垂炎のためアジア選手権(21日開幕、ドーハ)を欠場することが19日、発表された。今週頭の出発前に症状が出たため、出国を見合わせて国内で治療を受けている。日本陸連を通じ「戦えないことは残念ですが、今は治療に専念して次のレースに向けて準備したいと思います」とコメントした。飯塚は3月末の中大記録会100メートルで今季初戦に臨み、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング