バス運転手、糖尿病の持病…意識低下の可能性も

読売新聞 / 2019年4月22日 1時38分

21日午後2時頃、神戸市中央区のJR三ノ宮駅前の県道で、神戸市が運行する路線バスが横断歩道上の歩行者を次々にはね、2人が死亡し1人が重傷、25~55歳の5人が軽傷を負った。兵庫県警はバスを運転していた市交通局職員大野 二巳雄 ( ふみお ) 容疑者(64)(神戸市長田区)を自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致死)容疑で現行犯逮捕した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング