トヨタ「特許開放」の狙いは? 本命は「HVの次」との見方も

J-CASTニュース / 2019年4月21日 17時0分

トヨタ自動車が、ハイブリッド車(HV)関連の特許を無償公開する。モーターやパワーコントロールユニットといった中核技術の特許を含め、約2万3740件が対象。これまでの囲い込み戦略を転換し、特許技術のオープン化に踏み切る背景には、競合他社にHV参入を促して市場を活性化させ、その間に出遅れていた電気自動車(EV)で競争力を高める狙いもありそうだ。 「虎の子」をなぜオープンにするのか 「(HV技術の)過去の囲い込みを反省した。エコカーは普及してこそ意味がある。時期が来た」。トヨタの寺師茂樹副社長は2019年4月3日、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング