記載漏れ2億円超、竹山・堺市長が辞職願を提出

読売新聞 / 2019年4月22日 13時10分

政治資金収支報告書の記載漏れが発覚していた堺市の竹山 修身 ( おさみ ) 市長(68)が、市政を混乱させた責任を取るとして、22日午後、辞職願を市議会議長に提出した。 竹山氏の収支報告書を巡っては、2月に自らの後援会の報告書に記載漏れが発覚。以後も次々と記載漏れが見つかったほか、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング