選手の顔に落書き、元代表コーチ「資格停止3年」

読売新聞 / 2019年4月23日 12時14分

昨年12月の競泳世界短水路選手権で日本代表のコーチを務めた萱原茂樹氏(45)が、所属するアリーナつきみ野スポーツクラブ(神奈川県大和市)で選手に対する暴言や顔への落書きなどのパワハラを行ったとして、日本水泳連盟から3年間のコーチ資格停止処分を受けたことが23日、わかった。 関係者によると、昨年末にクラブの保護者数人が日本スポーツ協会に通報。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング