有森裕子さん涙 “師匠”小出義雄さんの死に「他の指導者だったらなし得ること出来なかった」

スポーツ報知 / 2019年4月24日 16時36分

陸上の女子長距離の名指導者として知られた小出義雄さんが24日、80歳で死去したことを受け、小出さんの教え子で92年バルセロナ、96年アトランタの両五輪女子マラソンでメダルを獲得した有森裕子さん(52)が24日、都内で会見し、思い出を語った。訃報は小出さんの親族から聞いたが、これまでは親族とは交流がなかったという。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング