強制不妊救済法 理不尽な手術の検証が必要だ

読売新聞 / 2019年4月26日 5時0分

被害の救済に向けた大きな一歩である。 旧優生保護法に基づき多くの障害者らに不妊手術が行われた問題で、被害者を救済する法律が議員立法で成立した。 前文には、被害者が受けた多大な苦痛に対する「おわび」が明記された。安倍首相も「 真摯 ( しんし ) に反省し、心から深くお 詫 ( わ ) び申し上げる」との談話を発表した。 「不良な子孫の出生防止」を目的とした旧優生保護法は1948年に議員立法で制定された。旧厚生省が手術を奨励し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング