大手銀行5グループ、24%減益…2期ぶり減少

読売新聞 / 2019年5月15日 22時47分

大手銀行5グループの2019年3月期連結決算が15日、出そろった。最終利益の合計は前期比24・0%減の2兆449億円となり、2期ぶりに減少した。超低金利の長期化やIT(情報技術)と融合した金融サービスの台頭で、銀行は稼ぎづらくなっている。 最終利益が減益となったのは、三菱UFJフィナンシャル・グループ、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング