谷川議員「韓国か北を相手にした気分」佐賀知事に

読売新聞 / 2019年5月19日 9時24分

自民党の谷川弥一衆院議員(77)(長崎3区)は18日、長崎県諫早市で建設中の九州新幹線長崎(西九州)ルートを視察した際のあいさつで、「難しい問題は佐賀の説得。佐賀の知事には『台湾のような付き合いをしてほしい。韓国か北朝鮮を相手にしているような気分だ』と言った」と発言した。報道陣から真意を問われた谷川氏は不適切だったとして、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング