米軍誤爆で警官17人死亡…政府の治安部隊直撃

読売新聞 / 2019年5月19日 21時31分

【テヘラン=水野翔太】アフガニスタン南部ヘルマンド州で16日、反政府勢力タリバンを狙った駐留米軍の空爆が政府の治安部隊を直撃し、AP通信などによると警官17人が死亡した。 米軍はAP通信の取材に対し、誤爆だったことを認め、「地上との連絡に不手際があった。再発防止に努める」とコメントした。 ゲリラ的なテロを繰り返すタリバンに政府の治安部隊や米軍は苦戦している。国連によると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング