富士山から「動けない」救助要請、捜索中に下山

読売新聞 / 2019年5月21日 19時49分

山梨県側の富士山を登っていた20歳代男性が20日午後、「疲れて動けない」と富士吉田署に通報した。救助隊員6人が捜索を続けているうちに、男性は自力で下山。同日夜、東京都内の自宅に戻るまで、下山したことを同署に連絡しなかった。 発表によると、男性は同日朝、単独で麓から登り始めた。アイゼンをつけていないなど軽装で、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング