嫌がらせのつもりが…金を見つけて盗んだ消防士

読売新聞 / 2019年5月23日 9時1分

山形県の酒田地区広域行政組合は21日、上司の財布から金を盗んだとして、同組合消防署(酒田市船場町)の20歳代の男性消防士を停職1年の懲戒処分にした。 発表によると、消防士は4月24日、50歳代の上司の財布から現金3万円を盗んだ。上司は勤務中、財布などの私物をケースに入れ、事務机の下に保管していたが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング