LINEいじめで女子生徒自殺、同級生に賠償命令

読売新聞 / 2019年5月22日 13時46分

2013年に自殺した熊本県立高校1年の女子生徒(当時15歳)の遺族が、同級生によるいじめへの学校の対応が不適切だったなどとして、県と同級生に数千万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が22日、熊本地裁であった。小野寺優子裁判長は、県に対する請求を棄却し、同級生に約10万円の支払いを命じた。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング