富士山で救助要請も勝手に下山 どう対処する?山梨県警に聞いた

J-CASTニュース / 2019年5月22日 19時4分

富士山を登っていた東京都内在住の20歳代男性が山梨県警に救助を要請したものの、自主的な判断で下山してしまい、山岳警備隊員ら6人が夜遅くまで捜索する騒ぎがあった。ツイッター上などでは、「業務妨害ではないか」「全額費用負担すべき」などと批判が噴出している。そこで、対応した県警の富士吉田署に話を聞いた。 「そこにいて下さい」との県警の要請を聞かず 「軽装備の登山のため、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング