頭悪いんか・記者やめたら…「暴言」警視を処分

読売新聞 / 2019年5月24日 10時13分

徳島県警は、男性記者に暴言を繰り返すなどしたとして、男性警視(51)を本部長注意処分とした。処分は22日付。 県警監察課によると、警視は徳島中央署で広報担当だった昨年5月~今年1月頃、取材で訪れた徳島新聞の20歳代の記者に「頭悪いんか。何回も同じことを聞くな」「記者やめたら」などと発言した。どなり声を上げたり、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング