【ソフトバンク】スチュワート米国に「逆輸入」も…王会長語る

スポーツ報知 / 2019年5月25日 7時30分

ソフトバンクの王貞治会長(79)が24日、契約合意が報じられたカーター・スチュワート投手(19)について初めて言及した。正式に合意すれば、と前置きした上で「こっちでやって、アメリカに帰ることもある」と見解を示した。日本で育てて米国に“逆輸入”する新たなモデルケース確立に期待した形だ。スチュワートは昨年、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング