写真

画像はイメージ

昨シーズンオフ、巨人のフリーエージェント(FA)戦略に注目が集まった。広島から丸佳浩外野手(30)、西武から炭谷銀仁朗捕手(31)を獲得。丸の大型契約が話題に上がる一方で、丸、炭谷の人的補償問題は球界に衝撃を与えた。長野久義外野手(34)が広島へ、内海哲也投手(37)が西武に移籍。チームの投打の精神的支柱が人的補償として流出し、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング