「2か月の休養必要」…丸山議員が診断書を提出

読売新聞 / 2019年5月25日 7時32分

北方領土返還をめぐり「戦争」に言及し、日本維新の会を除名された丸山穂高衆院議員(大阪19区)は24日、出席を求められていた衆院議院運営委員会理事会を欠席した。病気を理由とし「2か月間の休養が必要」とする診断書を提出した。議運委は本人の希望で病名を公表していない。今後、高市早苗委員長らが丸山氏を訪ねて事情を聞くことや、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング