「世界で最も高価な薬」認可…2億3000万円

読売新聞 / 2019年5月25日 18時27分

【ワシントン=船越翔】米食品医薬品局(FDA)は24日、全身の筋力が低下する難病の脊髄性筋 萎縮 ( いしゅく ) 症(SMA)について、スイス製薬大手ノバルティスの新たな遺伝子治療薬を認可したと発表した。ロイター通信によると、1回分の価格は212万5000ドル(約2億3000万円)で、「世界で最も高価な薬」としている。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング