東京駅の壁面手前「腹痛で意識もうろう」タクシー停止

読売新聞 / 2019年5月27日 10時41分

26日午後9時25分頃、東京都千代田区のJR東京駅八重洲口のタクシー乗り場付近で、走行中のタクシーが歩道に乗り上げた。タクシーは歩行者の40歳代女性をかすめて駅の壁面手前で停止した。警視庁丸の内署によると、女性は転倒したが、けがはない模様。タクシーに乗客はいなかった。 タクシーの60歳代の運転手は「腹痛で意識がもうろうとしていた」と話しており、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング