日清食品は主力の「カップヌードル」について、プラスチックの使用量を減らした新しい容器に切り替える。容器を燃やす時に出る二酸化炭素(CO2)の量を現状より約16%削減できる。12月から順次切り替え、21年度までに導入を終える予定だ。 現在の容器の素材は約7割が植物由来で、石油由来のプラスチックを約3割使っている。「バイオマスECOカップ」と名付けた新しい容器は、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング