写真

暴走事故の実況見分に立ち会う飯塚容疑者(中央)(13日午前、東京都豊島区で)=鈴木毅彦撮影

東京・池袋で高齢ドライバーの車が暴走し、12人が死傷した事故で、警視庁は13日午前、車を運転していた旧通産省工業技術院の元院長・飯塚幸三容疑者(88)を事故後初めて現場に立ち会わせ、実況見分を行った。警視庁は、運転操作ミスが事故原因とみており、自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致死傷)容疑で飯塚容疑者を書類送検する方針だ。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング