レスリング・文田健一郎が宿敵・太田倒し世界選手権切符「勝って当然と思っていた」

スポーツ報知 / 2019年6月16日 14時24分

◆レスリング全日本選抜選手権・最終日(16日、駒沢体育館)男子グレコローマン60キロ級決勝で昨年末の全日本選手権王者・文田健一郎(23)=ミキハウス=が、リオ五輪グレコ59キロ級銀メダルの太田忍(25)=ALSOK=を4―1で下して優勝。メダル獲得なら東京五輪出場となる世界選手権(9月、カザフスタン)切符を手にした。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング