飲食店の倒産・休廃業、リーマンショック、東日本大震災を上回る 2018年度

J-CAST会社ウォッチ / 2019年6月16日 19時0分

2019年3月までの1年間に、倒産・休廃業、解散した飲食店が前年度比7.1%増の1180件と増えていることが、帝国データバンクの調査でわかった。6月10日の発表。 東日本大震災(11年3月)が発生した11年度に記録した1134件、リーマン・ショック(08年9月)による金融危機に見舞われた08年度の1113件を上回り、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング