陸上イージス調査また誤り、代替地の標高「勘違い」

読売新聞 / 2019年6月18日 18時0分

地上配備型迎撃システム「イージスアショア」の適地調査に誤りがあった問題をめぐり、岩屋防衛相は18日の記者会見で、代替地周辺の山の標高も誤って計測していたとして陳謝した。 防衛省職員が秋田県男鹿市の国有地付近にある 本山 ( ほんざん ) の断面図を作る際、実際の山頂(標高715メートル)とは別の地点を山頂と勘違いし、標高を712メートルで計算したという。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング