炊飯器ネズミ死骸、扉隙間から侵入か…ワナ増設

読売新聞 / 2019年6月19日 12時44分

横浜市の小学校給食用炊飯器の中からネズミの死骸が見つかった問題で、横浜市教育委員会は18日、ネズミの侵入経路が特定され、再発防止策が行われたとして、19日から事業者による米飯の提供を再開すると発表した。 市教委によると、専門家が工場設備を確認した結果、ネズミは扉のわずかな隙間から建物内に侵入したとみられるという。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング