逃走容疑者と隠匿容疑者、2人の尿から覚醒剤反応

読売新聞 / 2019年6月25日 11時34分

保釈後に窃盗罪や覚醒剤取締法違反などで実刑判決が確定した神奈川県愛川町、小林誠容疑者(43)が刑務所収容前に逃走し、逮捕された事件で、小林容疑者の尿から覚醒剤の陽性反応が出たことが、捜査関係者への取材で分かった。逃走発生翌日の20日には、小林容疑者宅から注射器が押収されており、横浜地検と県警は、逃走前後に覚醒剤を使用した疑いがあるとみて調べる。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング