千葉県野田市の小学4年、栗原心愛(みあ)さん(当時10)が虐待死し、傷害ほう助罪に問われた母親のなぎさ被告(32)に対し、千葉地裁の小池健治裁判長は懲役2年6か月保護観察付き執行猶予5年を言い渡した。判決では、夫の勇一郎被告(41)=傷害致死罪などで起訴=による心愛ちゃんへの執拗、非情な虐待を認識しながら、食事を与えず、冷水を浴びせるなど虐待を手伝ったと非難したが、夫からDVを受け抵抗できなかった点も考慮できるとした。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング