日本、サンマ漁獲の上限設定を再提案…北太平洋漁業委員会開幕

読売新聞 / 2019年7月16日 10時48分

不漁が続くサンマなどの資源管理を話し合う北太平洋漁業委員会(NPFC)の年次会合が16日、東京都内で始まった。日本は、1年間に各国がとるサンマの総漁獲量に上限を設けるよう提案した。18日までの会期中に合意できるかが焦点となる。 日本が提案する規制は、中国やロシア、韓国、台湾など加盟8か国・地域が北太平洋の公海で行うサンマ漁を対象とする。国・地域ごとの漁獲枠の配分には踏み込まず、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング