福島第一の線量、誤って1000倍高く公表…28か月間

読売新聞 / 2019年7月17日 22時7分

東京電力は17日、福島第一原子力発電所の2~4号機タービン建屋付近などで計測した放射線の空間線量について、誤って1000倍高くホームページで公表していたと発表した。担当者が単位を誤ったためで、誤記が続いたのは2017年2月分から今年5月分までの2年4か月間分。廃炉作業には影響していないという。 東電によると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング