「天皇ご一家住んでいるとは」…落書きで再逮捕

読売新聞 / 2019年7月20日 8時14分

東京・元赤坂の赤坂御用地の石垣に落書きがされた事件で、警視庁は19日、ロシア国籍で住所不定、自称アーティストの被告(23)(器物損壊罪で起訴)を器物損壊容疑で再逮捕したと発表した。発表によると、被告は先月25日未明、赤坂御用地の石垣に赤い塗料で鳥の絵などを描いた疑い。容疑を認め、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング