記者の取材メモ、他社に誤送信…裁判官の個人情報も

読売新聞 / 2019年7月19日 21時47分

福井新聞社(本社・福井市)は19日、同社社会部の20歳代の男性記者が福井地裁の裁判官の個人情報などが含まれた取材メモを、報道各社の記者にメールで誤送信したことを明らかにした。 同社によると、取材メモの内容は主に刑事・民事裁判の日程や概要だったが、一部に裁判官の家族構成や学歴なども記されていた。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング