投票率50%割れ、95年に次ぐ低さ…読売推計

読売新聞 / 2019年7月21日 22時14分

第25回参院選の投票率(選挙区選)は読売新聞社の推計で48・11%前後となり、前回2016年参院選の54・70%を大きく下回る見通しだ。投票率が50%を割り込めば、過去最低の44・52%だった1995年以来24年ぶりで、95年に次ぐ低投票率となる。投票率の確定値は、総務省が22日に発表する。 3年ごとの参院選と4年ごとの統一地方選が重なる12年に1度の「 亥年 ( いどし ) 選挙」では、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング